MENU

飛距離のアップに忘れがちなこと

ゴルフの楽しみのひとつにはやはり飛距離の追及というものもあると思います。しかし、厳しい現実が待っていて、若いころは力任せでも飛んでいたのに、最近はさっぱり昔のように飛距離がでないという方も50を境に増えてくると思います。

 

 

「歳だから仕方がない。」とか「自分にあう運命の1本のクラブを探して次から次へとクラブを変える。」とかいう心境になるかもしれません。確かに「歳相応のゴルフ」をすることも「自分にあったクラブを探す。」ことも大切なことだと思います。

 

シニアに人気の飛ぶゴルフドライバーランキング!

 

ゴルフに対する取組方というのも人それぞれで、練習量やクラブにかけるお金というのもそれぞれ違うと思います。しかし自分のスイングを見直すことが飛距離を少しは取り戻す第一歩に繋がることもあります。

 

例えば、スタンスを狭めて体を回しやすくしたり、ゆったりしたスイングリズムで腕力に頼って打っていたものをクラブの重みを感じてそれを利用するようなスイングを心がけてみたりということでも飛距離は変わってきます。そして、しっかりとクラブの芯(スウェイートスポット)で打つことが何よりも大切です。

 

そして、これらのスイングの見直しに寄与するものがクラブやボール選びです。「ゼクシオ」や「カタナゴルフ」や「リョーマゴルフ」にはシニアゴルファー向けのものが充実していますし「タイトリスト」「キャロウェイ」「テーラーメイド」といったクラブでもシニアゴルファー向けのスペックのものも用意されています。

 

これらのクラブを使うことで、クラブのしなりを感じやすかったりそれに合わせてタイミングを取りやすくなったりしますし、スウィートスポットも広いものが多いのでそこにあたる確率もあがります。

 

アイアンもしかりで同じような考え方のクラブが沢山用意されています。昔に比べていろんなクラブが用意されている現在では、飛距離はクラブで変わる時代でもあります。

 

http://www.time2london.com/

このページの先頭へ