ゴルフ 飛距離 アップ 50代

スポーツで重要と言われるメンタルですが、数あるスポーツの中でも最もメンタルが大きく影響すると言われるのがゴルフです。ゴルフはたった一人でプレーする孤独なスポーツであり、キャディー以外誰にも頼ることは出来ません。 他のプレーヤーとの接触もなければ相手のプレーを妨害することもありませんから、スコアの全責任はプレーヤーが一身に背負わなくてはいけません。ちょっとしたミスが原因でメンタルが乱れれば途端にプレーに現れてしまうのがゴルフの怖さなのです。
MENU

ゴルフで飛距離アップを実現する!50代からのゴルフメンタルマネジメント

スポーツで重要と言われるメンタルですが、数あるスポーツの中でも最もメンタルが大きく影響すると言われるのがゴルフです。ゴルフはたった一人でプレーする孤独なスポーツであり、キャディー以外誰にも頼ることは出来ません。

 

他のプレーヤーとの接触もなければ相手のプレーを妨害することもありませんから、スコアの全責任はプレーヤーが一身に背負わなくてはいけません。ちょっとしたミスが原因でメンタルが乱れれば途端にプレーに現れてしまうのがゴルフの怖さなのです。

 

参考:50代から飛距離を伸ばす究極のゴルフドラーバーとは?

メンタルを武器に変える

ゴルフはメンタルに大きな影響を受けるスポーツです。ちょっとした同様がスコアを崩す原因になりますが、反対にメンタルを武器にしてスコアをのばすことも可能です。

 

パワーに衰えが見えてくる50代を過ぎてからのプレーでは、いかにメンタルを良好に保ちプレーを安定させるかがスコアに大きく影響します。大切なのはメンタルを弱点ではなく強みに変えることです。良いメンタルを武器にすることでプレーの質そのものを向上させることも出来ますからティーショットの飛距離をのばすことも夢ではありません。

ティーショットでは「飛ばしたい」という気持ちを捨てよう

ティーショットで飛距離を出すために重要なメンタルのポイントは「飛ばしたい」という欲を捨てることです。飛距離を出したいのに飛ばしたいという気持ちを捨てろ遠野は一見矛盾しているように思えますが、飛ばそう飛ばそうと気ばかり先走ってしまえば実力通りのスイングをすることなど出来ません。

 

余計な欲を捨て無心でクラブを振ることが理想的なショットに繋がり、十分な飛距離を生み出せるようになるのです。

緊張はして当たり前

練習ではうまくできたのに、いざ本番となると緊張して体が硬くなり練習通りできなくなってしまう。そんな悩みを抱える人は少なくありません。緊張感をゼロにする方法は存在しません。練習を重ねることで緊張を少なくすることは出来ますが、トッププロにも全く緊張しないという人はいないでしょう。

 

大切なのは緊張内容にする方法ではなく、緊張を当然のことだと考えて上手に受け入れることです。体が硬くなっていたとしても想定の範囲内であれば全く問題ありません。緊張感を消そうと考えれば考えるほど余計に緊張してしまい、体が動かせないほどカチコチになってしまいます。

 

ありのままの緊張感を受け入れた上で今の自分にできることは何なのかをチェックし、手順を1つずつルーティーンのように繰り返していけば無理のない練習通りのスイングをすることができるでしょう。

 

緊張感は警戒するものではなく、ありのままを受け入れコントロールすべきものです。ティーショットの緊張感をコントロールできるようになれば、アプローチやパットの緊張とも上手に向き合えるようになります。もちろん飛距離も十分に飛ばせますから、緊張に囚われ過ぎないようにうまく自分と向き合ってください。

 

ドライバースイングだけではなく、高反発ドライバーで飛距離を伸ばす!

このページの先頭へ